Pantor Sealion

泉里香の実写ナミがヤバすぎ!「Indeed」×「ONE PIECE」コラボレーションCM「ナミ山分け」篇 忠実に再現されています。 泉里香さんは自慢の美ボディと迫力のバストで『ナミ』のコスプレ姿を披露されています。 ( 次ページで泉里香さんの「ナミ」写真を掲載 ) 豊胸!ギリギリ過ぎる水着姿が 泉里香さんがインディードのcmでナミ役でスタイル抜群!完成度の高いカップは合成なのか加工なのか気になっている方が多いようです。 今回は、泉里香 インディードのcmでナミ役でスタイル抜群!完成度の高いカップは合成なのか加工なのか調べてみました。 indeedのcmでお馴染みとなっている斎藤工(ルフィ)や、泉里香(ナミ)、千鳥の大悟(ウソップ)に加え、「one piece」ファンの間でも実写化の例として名前が挙げられている池内博之(ゾロ)、窪塚洋介(サンジ)を新キャストに加え、作品イメージを忠実. シネマトゥデイ 2019年1月8日 69,514回 Indeedのワンピースのメンバーは誰? 2018年12月31日より公開された Indeed の CM に麦わらの一味が登場していましたね。 256. ルフィー、ナミ、サンジ、ウソップ、ゾロ、チョッパーなんですが、クオリティがすごいなあと思います。 Indeed(インディード)CMに実写ワンピース麦わらの一味が!ルフィやナミを演じる俳優、女優をまとめて紹介! 俳優の斎藤工さんや女優の泉里香さんがCMのイメージキャラクターを務めている求人サイト「Indeed(インディード)」と、尾田栄一郎さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「ONE PIECE(ワンピース)」がコラボしたCMの第2弾「ナミ 山分け」編、「サンジ レシピ開発」編、「チョッパー 助手」編 1k likes, 3,589 comments - 泉 里香 (@rika_izumi_) on instagram: “あけましておめでとうございます🌅 今年初めての投稿はindeed、「one piece」の写真を選ばせていただきました。 ワンピースは昔から読んでいる大好きな漫画です。 このお話を聞いた時、…” 大晦日からindeed japanの新cm「麦わらの一味募集」篇(『キャンペーン中』篇・『条件』篇の全2篇)がオンエアとなっている。 tvアニメ『ワンピース』と求人検索エンジン「indeed(インディード)」によるコラボcmの第2弾として、1月7日よりナミ、サンジ、チョッパーに. インディードのcmでワンピースのナミ姿が本物過ぎてヤバいと話題ですね。 あれは本当にやばいです笑 胸の出方といい、スタイルといい本物といってもいいくらい! ということでインディードのcmに出ているナミ姿をしている泉里香さんの画像や周囲の反応を調べてみました! 「indeed」の新cmで「one piece」のナミ ナミと同じく戦災孤児。幼少期、ナミと共にベルメールの元へ引き取られ、血の繋がりはなくとも姉妹として過ごした。ナミがアーロン一味に加入し、肩にアーロン一味のタトゥーを彫られた時は、彼女の苦しみを共有するため自分もタトゥーを彫った。 インディード(indeed)cmのワンピース(one piece)とのコラボcmの続編が登場しました。 最初は実写での再現があまりに素晴らしく驚きでしたが、その続編の登場で、「チョッパー助手篇」「ナミ 山分け篇」の二つを見てみました。 ワンピース実写版 ナミ!!=泉里香さんです! ナミ役の泉さん、映画メイクでしたので、、わからなかった多いと思います^^; 仕事帰りの泉里香と沢尻エリカが二階堂ふみに無茶振り/indeed cm「 アフター6 無茶振り」篇+インタビュー 転職サイトindeed(インディード)の漫画ワンピースとのコラボcmが話題となっていることをご存知でしょうか。今年の正月から放映開始されたcmはその完成度の高さからたちまち話題となり、出演キャストやその実態について関心が集まっています。今回はcmの中でも特にキャラクターにそっくり. (インディード)」と、尾田栄一郎さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「one piece(ワンピース)」が 2018年12月31日から放映されている転職サイトindeed(インディード)の実写版ワンピースのcmに登場するキャストを調べてみました!indeed(インディード)公式サイトには特設ページも用意されています。 (・∀・)v indeed(インディード)さんの、ワンピースとのコラボしたcm 、ご覧になりましたかー 「麦わらの一味 募集」 と銘打たれた、ワンピ好きには嬉しすぎる作品ですよね~♪w で。気になったのはコチラの 「んナミさあああーーん モデルで女優の泉里香さんがindeed japanの新cmで「one piece」のナミに扮(ふん)した本気すぎる姿が「泉里香ちゃん、実写版ナミすぎてびびった. indeedのcmでワンピースのナミ役は誰?泉里香さんという方でした。 完璧ボディーは本物?おそらく、本物ではないか?と思いました。 泉さんはここ数年前から、ブレイクしている女優さん(他いろいろ)です。 現在30歳なので、下積みが長かったのでしょう。 Indeed(インディード)とワンピースのコラボCMはかなり人気ですよね! インディード新CMのサンジは誰?ウソップとゾロ他のキャストも調査へも多くのアクセスがあります。 ワンピースの人気キャラの「ナミ」ですが、本名は〇〇?では無いかと言われていますよね。また、dの一族とも関係があるのでは?とも言われているのでここではその真相に迫っていこうと思います。 indeed(インディード)のcmである 「ワンピース」麦わらの一味の動画・映像がリアルで面白いです。 特に泉里香さんの「ワンピース」ナミ役に目が離せません。 気になるナミ役の泉里香さんの抜群のスタイル、腰と胸は、特殊メ […] 泉里香のワンピース・ナミ姿に称賛の声「頑張ってトレーニングしました」 サンスポ・コム(sanspo. その中でもナミを紹介しているのですが、今回はナミにフォーカスしてナミが中心のCM動画と泉里香さんのナミ役の写真 com)はスポーツニュースをはじめ、今話題の. 泉里香 ナミのコスプレが異次元と話題! 求人サイト「インディード」が大人気アニメ「ワンピース」とコラボし制作された新CMで、ナミに扮したインディードCMでお馴染みの泉里香さんのボディーが凄いと話題になっています。 ワンピース 新世界編のナミのスリーサイズは、 身長170cm バスト 実写版ワンピースコラボcm 第1弾 [アニメ] 「キャンペーン中」篇、「条件」篇斎藤工(ルフィ)泉里香(ナミ)千鳥・大悟(ウソップ)池内博之. 斎藤工さん、泉里香さんに千鳥が加わったIndeed(インディード)のテレビCMやメイキング、限定動画をご紹介!Indeed ワンピースの実写版は、長い間いろいろな議論!?というか願望も混ざった話は尽きません。そんな、ワンピースの実写版に一矢報いてきたのは、求人検索エンジンのindeed【インディード】現在は、主に斎藤工さんと泉里香さんがメインでcmをやっていたの 応募期間中に、indeedまたは特設サイト上で特定のキーワードを入力し検索すると、indeedならではの、麦わらの一味として働く、“特別な仕事”に応募することが可能に。 ナミ仕事内容:ナミと天気を予測して豪華お宝山分け キーワード:「ナミ山分け」 〝キャラクターに関する情報〟 ナミ は one piece. comで求人・転職サイトや求人広告、企業の採用サイトの正社員、派遣、アルバイト、パートのあらゆる求人情報をまとめて検索できます。 どうも、ワンピース大好きの『むぅチャソ( @mw_chaso )』です。 IndeedのコラボCMで『実写ワンピース』が公開されました。 ワンピースの実写のクオリティが高かったので、キャスト含めてご紹介したいと思います! アニメ「ワンピース」のナミ役で出演されていますが com(ワンピース ドットコム)でチェック! indeedのcmワンピース・ナミ役の泉里香はガチパイ?(;^ω^) そ~ですよ。腹筋もそのために鍛えたそ~です。 『one piece』とコラボで実写cm ルフィに斎藤工、ゾロに池内博之、サンジに窪塚洋介 ナミを泉里香 求人検索エンジンのindeedの「ワンピース」とのコラボcmが、いろんな意味で話題ですね。 特にナミ役は評判になっているようですが、誰なんでしょう。 アニメの実写版と言えば、その再現性が大きく問われるところです。 今回の・・・ tvアニメ『ワンピース』と求人検索エンジン「indeed(インディード)」がコラボレーションした新tvcmのオンエアが12月31日からスタートした。斎藤. 忠実に再現されています。 泉里香さんは自慢の美ボディと迫力のバストで『ナミ』のコスプレ姿を披露されています。 ( 次ページで泉里香さんの「ナミ」写真を掲載 ) 豊胸!ギリギリ過ぎる水着姿が 泉里香さんがインディードのcmでナミ役でスタイル抜群!完成度の高いカップは合成なのか加工なのか気になっている方が多いようです。 今回は、泉里香 インディードのcmでナミ役でスタイル抜群!完成度の高いカップは合成なのか加工なのか調べてみました。 IndeedのCMでお馴染みとなっている斎藤工(ルフィ)や、泉里香(ナミ)、千鳥の大悟(ウソップ)に加え、「ONE PIECE」ファンの間でも実写化の例として名前が挙げられている池内博之(ゾロ)、窪塚洋介(サンジ)を新キャストに加え、作品イメージを忠実

News: indeed, ワンピース, ナミ,
Case Material: 316L stainless steel
Diameter: 42mm, Thickness: 12.6mm, Lug to lug: 45mm
Movement: Japan Seiko NH35A or Swiss ETA 2824-2
Water Resistance: 300m/990ft
Bezel: 12H triangle with Swiss C3 Super luminova
Glass: Sapphire crystal with inside AR coating
Crown: Screw down crown
Valves: Automatic He Valves at 9H.
Dial: 1-12H markers with Swiss C3 Super luminova
Hand: three hands with Swiss C3 Swiss Super luminova.
Strap: 22mm silicone strap and nylon strap.
Three color versions watches: black version, blue version and green version.
Price: $329 NH35, $549 ETA 2824
Pantor Sealion
Currently the Pantor Sealion is up for preorder, and their are two versions as I posted in the specs. You get a choice of movement, either the NH35, or an ETA 2824. This is something you rarely see. Actually, there are a few things you rarely see. The use of the ETA 2824 by a microbrand is far from the norm these days, nor is giving the customer the choice of movements. The pricing is also very competitive, as for just $549 you get a 300 meter water resistant diver with the tried and true Swiss Movement. That is something many watch enthusiasts will find very appealing.
Pantor Sealion
 As you may have surmised, the model I have in hand is a prototype, and after having the Pantor Sealion in hand and looking at the website renders, the biggest difference I can see is that this prototype has a black date wheel to match the dial, where the renderings show white date wheels on all colors. I am hoping that the date wheels match the color of the dials, at least for the black as it just looks so much better in my opinion. One other thing of note is that I have the Seiko NH35 variant, but it is not marked as such on the case back. I am told the production versions will have it engraved on the back which movement you have.
Pantor Sealion
The dial is listed as black, but as you can see in my photos it is more of dark grey, and this is exaggerated because it is a sunray dial which will appear lighter or darker depending on the light. Personally, I prefer the dark grey dial as it is one of my favorites when it comes to dial colors. The issue with it though, is if you order expecting black and this color arrives, you might be disappointed, or even angry, depending on your temperament. With this being a prototype I am guessing the dial did not get produced in the right shade and that it will be corrected come production.
Pantor Sealion
As I have already touched on, the value here is really in the ETA 2824 variant. Not that there is anything wrong with the NH35, but to grab a dive watch with the ETA movement for $549 is a good deal, and well worth it. It helps that the watch itself is aesthetically pleasing as well, as I am not saying to buy a watch just for the movement. I normally say the absolute opposite of that. There are a few reasons I feel this way. The Pantor Sealion comes with an aluminum bezel insert. Now, companies have been using aluminum for decades and nothing wrong with it, but we also know many microbrands use ceramic or sapphire covered bezel inserts these days providing much more scratch resistance.
Pantor Sealion
The other notable issue is the use of the silicone rubber strap, which I discuss in the video. Visually the strap is appealing, and is also very comfortable, especially with how the buckle is made to fit into the strap sections. It allows the buckle to lay flush and somewhat lock into place. As most know, the problem with silicone is that it looks like crap within 10 minutes of wearing it. It catches every bit of lint, dirt, fuzz from your shirt etc. It annoys me greatly, especially when the case head is so nice looking and well built. I did not want to take it off the strap in the time I had it, as I said I found it attractive and comfortable. I did find myself using compressed air on it every few hours to clean it off though.
Pantor Sealion
Getting back to why I think the ETA version is the better value, it comes down to what you are getting for the price. Of course if you are on a budget, $329 is a lot more appealing. Or maybe you have a set limit of what you will spend on a micro and $549 is over that. If these things do not apply to you, even with the aluminum bezel and the silicone strap, the ETA version of the Sealion gives you that “Swissness” that so many desire. Now, I am not necessarily speaking for myself, but in more of a generalization of what I see said countless times on Facebook groups, watch forums, Reddit and elsewhere. The Swiss ETA 2824 while not the end all be all watch movement, is still highly regarded and some people still want a Swiss movement in their watch regardless. So, coming from that perspective and the $549 price, the ETA version is where it is at.
Pantor Sealion
Any watch I review here, I can really only base my findings on the watch I have in hand. When it is a prototype, that becomes difficult. I have had watches with issues and I always say that it might just be my particular example, as I don’t know if the other 300 watches have the same issues or not. It works the same for the opposite, as when I get a great example and then someone will comment theirs is running fast, or the bezel is loose. In the case of this Pantor Sealion prototype, functionally it is sound. I did find the bezel to be a little on the firm side, but again, prototype. The crown action is solid and smooth, no issues there. Lume is nice and bright as well, as you can see below.
Pantor Sealion
As we all know, there are countless options when it comes to watches these days, from mainstream to micro. Dive watches are one of the biggest markets for watches, so it is inevitable that there will be many that are similar, straight up lookalikes, etc. As a reviewer, I see many of these watches, and at times it is hard to wow me.  It is a safe offering of sorts, because it is that vintage style case design many love. It isn’t bringing anything new to this design either, it is a pretty straightforward offering and similar are available from other brands as well. The pricing is very good though and that is what it comes down to for me. The Pantor Sealion is an attractive, well recognized dive watch design with a price tag that makes it even more appealing, especially for the Swiss ETA version. If you like this design, I don’t think you would be disappointed if you picked one up. Just have another 22mm strap ready to roll if you dislike silicone as much as I do.
I've been an avid watch lover since the age of 7. Watches are not only my hobby but a passion. My favorite style used to be dive watches, but field or non bezel watches have been growing on me. When I'm not reviewing watches I am either cooking or with family and friends.

2 Comments

Leave a Reply